Glocal Mission Jobs

地方有力企業 経営幹部への転職 静岡特集

静岡のくらしQ&A

仕事について

  • 静岡で働く環境は?
    有効求人倍率が1.58倍(2017年10月時点)全国平均の1.55倍を上回り、バブル期直後以来の水準となっています。
    環境面では、比較的安価な住居が都市中央部にあるため、職住拠点が近く快適に働くことができます。
  • 静岡の経済規模は?
    静岡県の県内総生産は約15兆5000億円。県民一人当たりの県民所得では、東京都、愛知県に次ぐ全国3位でとても高い水準です。
  • 静岡の産業は?
    静岡県は、古くから輸送用機械や楽器などの製造業が盛んで、圏内の産業別シェアでは第2次産業が約40%を占めます。これは全国平均(24.3%)と比べて極めて高い割合です。第二次産業の製造業出荷額は約16兆円で全国4位。これは、東北6県の製造業出荷額とほぼ同額の規模になります。

生活について

  • 静岡での家賃相場は?
    静岡県の家賃相場(SUMO調べ)は、静岡駅や商業施設が集合している静岡市葵区でファミリー向けの3LDKだと、10万円前後。中心地から少し離れると10万以下で生活することも可能です。また静岡市以外ですと、浜松市や沼津市の家賃相場は3LDKでも約10万以下となっています。
      静岡市葵区 浜松市中区 沼津市
    ワンルーム 6.8万円 5.5万円 5.6万円
    1LDK 8.2万円 7.0万円 6.7万円
    2LDK 9.4万円 8.2万円 7.6万円
    3LDK 10.3万円 9.1万円 8.3万円
    参考:SUUMO家賃相場より
  • 静岡の教育環境は?
    静岡県は、北部に位置し豊かな森林を有する山間部、駅を中心とする都市部、太平洋に面する沿岸部、農業が盛んな平野部と、多様性に富んだ地域から成り立っています。それぞれの地域で営まれる産業も、多様性に富んでいます。世界に名だたる輸送用機器や楽器などのものづくり産業、野菜や果物、花などの農業、漁業・水産業などが営まれています。恵まれた自然環境と地域、産業の多様性は、子どもの学びの素材となり、地域の「ひと・もの・こと」から直接的に体験する豊かな学びを生み出しています。
  • 静岡の家計収支は?
    静岡市を例に取ると、家計の実所得平均が532,495円と、東京都区部平均560,609円に対して約2.8万円程度低い水準です。ただし、住宅のローン返済やや生活にかかる消費支出が東京都区部よりも低額であるため、家計収支では赤字の東京都区部に対して静岡市では3万円以上の黒字になっています。
      静岡市 東京都区部
    実収入 487,056円 560,609円
    可処分所得 409,732円 449,926円
    任意保険・借入返済 83,848円 113,579円
    消費支出 338,571円 359,925円
    収支 71,161円 -23,578円
    二人以上の世帯のうち勤労者世帯の平均データ
    「資料 総務省統計局「家計調査報告」(平成28年)」
  • 静岡の魅力は?
    日本の象徴とも言える富士山と近代史のモニュメントとも言える韮山反射炉という二つの世界遺産を筆頭に、豊富な海の幸をもつ駿河湾、長く重ねられた歴史によって素晴らしい価値を持つ景観や名勝など、自然の美、文化の歴史が息づいています。
    また、東名高速道路や東海道線などによる各方面への交通アクセスも至便。比較的温暖な気候も相まって大変暮らしやすい地域となっています。

サポートについて

  • 静岡への移住サポートを教えてください。
    静岡県では、移住セミナー、空き家バンク、各種相談窓口など、静岡県への移住を考える際に役立つ情報を提供する、「静岡県公式移住・定住情報サイト ゆとりすと静岡」を運営しています。
    また、東京都内では、JR有楽町駅前の「東京交通会館」、ふるさと回帰支援センター内の「ふじのくににすみかえる」静岡県移住相談センターにてしずおか静岡県への移住相談が受けられます。

ページトップへ

静岡の有力企業の紹介を希望する