日本人材機構

地方有力企業 経営幹部への転職 北海道特集

北海道への転職がオススメな理由POINT

経営が近い

地方企業だから得られるやりがいと充実感

大企業では、業務の多くが分業化され、かつ多階層の組織構造になっているため、個人の意思や判断を組織運営・事業運営にダイレクトに反映されることは難しいといわざるを得ません。かたや地方企業では、企業サイズがコンパクトであり、経営者との距離が近く、経営への直接的な参画や寄与をしていくことができます。ビジネスの距離も近く、お客様の反応も身近に感じながらの仕事が可能です。また、地方企業は東京の同規模の企業と異なり、地域経済圏における中心的な企業の一社として、行政や地域経済と密接に連携したダイナミックな事業運営が可能です。
仕事のフィールドが広く、新規事業にも挑戦することもできます。組んでいる仕事の効果も実感しやすく、都心の大企業で働くのとはまた違った充実感や、やりがいを感じることができるでしょう。

世界が近い

世界相手のビジネスにチャレンジ

北海道の訪日外国人来場者数は、平成24年度が約79万人、平成25年度115万人、平成26年度は約154万人と毎年30%以上の高い伸び率で増加しており、外国人の延べ宿泊者数(ビジネス目的含む)では東京、大阪に次ぐ第3位。世界遺産である知床などの豊かな自然や広大な土地を活用したニセコスキー場など外国人に人気の観光資源があります。これらの豊富な観光資源を活かした観光インバウンド事業はこれらも成長が見込まれます。
また、食品や紙、鉄鋼といった北海道の肥沃な土地を活かした製品で輸出は毎年拡大。観光以外でも世界相手のビジネスにチャレンジすることができます。

  輸出額 前年比
H22 340,801 113.0%
H23 367,600 107.9%
H24 384,834 104.7%
H25 455,446 118.3%
H26 478,726 105.1%
H27 493,807 103.2%

北海道における貿易額推移(函館税関発表)

家庭が近い

ワークライフバランスの高い暮らし

北海道の通勤平均時間は、58分。関東大都市圏の1時間32分と比べてみると、30分以上の差があります。北海道の夕食開始時間は東京の19時20分に対して18時46分。短い通勤時間のおかげで帰宅が早く、長くプライベートの時間を持つことができます。
また、札幌の中心地から車で20分で行けるスキー場があるなど、レジャー施設や観光スポットが日常の居住地の至近にあり休日の家族の団らんも盛ん。
北海道では通勤時間のストレスが少なく、豊かな環境の中で家族と触れ合うワークライフバランスの高い暮らしが可能なのです。

ページトップへ

地方有力企業の紹介を希望する